足がつるときの対処法

足がつる,対処法

 

足がつると誰しもその痛苦に驚くものです。

 

足がつるのは筋肉の異常な収斂によるものなのでさほど心配することはありませんが、痛苦を通じてパニックを起こす点による二次惨事が気苦労されます。

 

特に海中にいた事、浅い位置も溺れる困惑がありますので、とりわけ落ち着くことが大切です。足がつったときの対処法を見てみましょう。

 

足がつった日数、つって要る(縮んで掛かる)筋肉を伸ばせば良し、というよく言われます。

 

「足を引き伸ばす」といわれると膝を伸ばした状態にするヒトがいますが、これではふくらはぎの近辺、詰まりつってある部分は伸びていません。

 

膝はまげてよいので、アキレス腱を引き伸ばすようにするのが効果的です。足のつりは腓腹筋というふくらはぎの筋肉が過度に縮んです状態です。

 

足がつる,対処法

 

もしできるならつま先立ちをした状態でしゃがむという効果的ですが、これは足がつった日数よりも「つりそうな日数」に予防類に筋肉をのばすストレッチングになるので、周りに支えに至る感じがない時折座った状態で掛かるほうがよいでしょう。

 

足首を少しずつ切り回し、かかとを突き出すようにする、あるいは爪先を作用に取り回すようにして体のクライアントへ手で吸い付けるように引っ張ります。

 

この時、つっている間はとっても痛むので無理をしないように少しずつ動かしましょう。

 

無理に伸ばそうって力で引っ張ると筋肉を害することもあります。本当は、足がつっていてもチャンスがたてば自然になおるものなのです。

 

落ち着いて痛苦が退くのを待っていても構いません。

 

とはいっても、予め眠っているときにつったり、泳いでいるときにつると落ち着いてもいられません。

 

足がつる,対処法

 

一際海中における場合は、つっていないクライアントの足でしっかりと経ち、一気に浅いクライアントへ運転したり肩入れを勧めましょう。

 

仮に足がつかないような場所の場合は慌てずに、痛苦が退くまで水の上にぽっかりといった浮かぶように全身の力を抜きます。

 

慌てて手足を移すよりも、じっとやるほうが体は浮き易くなります。浮いた状態で行える範囲の足のストレッチング、足首を移すことを試みて下さい。

 

足がつる原因は何やかや考えられますが、職業や動きで筋肉が疲労していたり、体内のミネラル・水分バランスが崩れているとなりやすいようです。

 

痛苦が落ち着いたらマッサージをしたり、温めたりして血行を促進し老廃物を省きましょう。

 

満載汗をかいたのであれば、そのせいで塩気が足りない状態にあることも考えられますので水分と共に塩気も補給ください。

 

また、めったに頻繁に足がつる場合には病院に相談することをお勧めします。

 

足がつるTOPへ